激安診療のトラブル | 歯医者さんの正しい探し方教えます

良い歯医者さんの探し方

こんな決め方はNG!自分の歯を守る歯医者さんの見極め方

「安いから」はNG!激安診療の落とし穴

歯医者の治療には保険が適用できる「保険診療」と自費で支払いをする「自費診療」の2種類があります。
虫歯や歯周病の治療、親知らずの抜歯など一般的な治療であれば保険適用されます。どんな治療が自費診療になるかというと、ホワイトニングやインプラントなど歯や歯列を綺麗に見せるための治療が当てはまります。

自費診療の場合、10万円以上かかる高額な手術もある為、治療を受ける際の価格はどうしても気になりますよね。
歯医者によってはホームページにインプラントの治療費などを掲載して「激安」を謳うケースがありますが、これには注意が必要です。
激安診療の裏で、粗悪品を使っていることがあり、数年後にインプラントが抜けたり、割れたりしてしまうことがあります。最終的な仕上がりにも違いが出てくる為、価格だけで決めてしまわず、カウンセリングや施術が丁寧な歯医者を選ぶようにしましょう。

専門医=名医は間違い?

歯医者のホームページを見ると医師の経歴や肩書きに「●●学会専門医」「●●学会認定医」と記載がある場合もありますが、専門医や認定医だからといって腕の良い医師だとは限りません。

現在厚生労働省が認可している資格は「口腔外科専門医」「歯周病専門医」「歯科麻酔専門医」「小児歯科専門医」「歯科放射線専門医」の5つのみです。その他の資格の中には、実技試験は無く、論文を提出したり、学会への参加料を支払うだけで所属することができる資格もあります。

今や歯医者はコンビニよりも多く、他医院と差別化して少しでも多く患者を取り込む為に、様々な資格を取得していることもあるので、専門医だから名医、認定医だから腕が良いというわけでは無いのです。腕の良い医者は自分の目で見抜くことが大切です。


この記事をシェアする